第4期地域福祉推進計画

 尼崎市社会福祉協議会では、平成29年度から平成33年度の5年間の尼崎市社会福祉協議会の活動指針を定めた、第4期地域福祉推進計画を策定しました。
計画は4つの基本目標で構成され、ささえあい地域活動センター「むすぶ」を中心とした支部機能の強化をはじめ、「総合的な相談支援体制づくり」、「多様な主体、様々な圏域での活動支援」、「住民や専門機関、団体とのネットワークづくり」、「社協への加入促進」、「災害への対応」、「財源確保」や「人材育成」に取り組んでいきます。

 
【地域福祉推進計画(本編)】  

【地域福祉推進計画(概要版)】  

地域福祉活動専門員 活動報告書(平成28年度版)

 尼崎市社会福祉協議会では、尼崎市地域福祉計画にもとづき、地域福祉活動専門員を各支部に配置し、制度の狭間の問題など個別の課題に対応しながら、地域の課題として共有する場を設け、課題提起し、新たな支援対策を検討するなどの活動を行っています。
 
【地域福祉活動専門員 1年間のあゆみ】  



地域との関わりに関する調査

 尼崎市社会福祉協議会では、社会福祉協議会の加入促進及び活動の方向性を検討するために、社協活動の重要な担い手である福祉協会長と市民の意見を収集することによって、社協の認知、加入、活動に関する様々な課題の検討を行うためにアンケート調査を実施し、調査結果をまとめました。


平成27年調査
アンケート実施状況
1「加入促進に関するアンケート調査」
 対象者:福祉協会会長(610福祉協会)
 調査方法:郵送で回答
 内容:役員経験に関する質問・社協組織に関する質問・役員(福祉協会会長)に関する質問など
 実施期間 :平成27年11月16日〜12月25日
 回答数:437件/610件中(回答率71.6%)
 
2「地域との関わりについてのアンケート調査」
 対象者:3,000名(地区別、年齢別、性別で無作為に選別)
 調査方法:郵送で回答
 内容:地域生活に関する質問、社協に関する質問、福祉協会に関する質問、あなた自身の質問など
 実施期間 :平成27年11月16日〜12月25日
 回答数:816件/3000件中(回答率27.2%)

アンケート結果報告書(本編)    



平成23年調査
アンケート実施状況
1「加入促進に関するアンケート調査」
 対象者:福祉協会会長(625福祉協会)
 調査方法:郵送で回答
 内容:役員経験に関する質問・社協組織に関する質問・役員(福祉協会会長)に関する質問など
 実施期間 :平成23年7月29日〜8月31日
 回答数:477件/625件中(回答率76%)
 
2「地域との関わりについてのアンケート調査」
 対象者:3,000名(地区別、年齢別、性別で無作為に選別)
 調査方法:郵送で回答
 内容:地域生活に関する質問、社協に関する質問、福祉協会に関する質問、あなた自身の質問など
 実施期間 :平成23年8月31日〜9月15日
 回答数:817件/3000件中(回答率27.2%)


アンケート結果報告書(本編)