緊急通報システム事業

 緊急通報システム事業は、65才以上の一人暮らし高齢者や高齢者のみの世帯等にペンダント型の通報機器を貸し出します。
 急病などの緊急事態が発生した場合には、ペンダントのボタンを押すとあらかじめ届出いただいている近隣の協力員に連絡が入り、駆けつけ対応していただきます。


●ご利用いただける方
・ 65歳以上のひとり暮らしの高齢者
・ 65歳以上の虚弱な高齢者のみの世帯
・ 65歳以上の高齢者と要介護の障がい者(身体障害者手帳1級〜2級
  または療育手帳Aを所持している方)のみの世帯
・身体障害者手帳1級または2級を所持する65歳未満の障がい者単身世帯

 上記のいずれかに該当し、かつ緊急時に駆けつけてもらえる協力員を2名以上確保でき、機器設置時に電話を有している方

●利用料
市県民税が非課税の方は無料です。
市県民税が課税されている方は、利用料(月額1,008円)が必要です。

●協力員
協力員とは、利用者の緊急時にかけつけ、対応をしていただくとともに、日頃から利用者を見守っていただく方です。
原則として、尼崎市内在住で、できるだけ利用者宅の近隣の方をお願いいたします。
なお、協力員には利用者宅の鍵をお預かりいただきます。

 ※ この事業は協力員なしでは成り立ちません。
    もしご利用を希望されている方が協力員が見つからず困っておられたら、協力員の確保についてお手伝いをお願いします。


●申込み手続き
・ 申請に必要な書類
  申請書・意見書(事務局で配布)


お申込み・お問合せは本部地域福祉課またはお住まいの地区の支部事務局まで