第1回尼崎市見守りサミット(仮称)運営委員会


平成25年8月8日(木)

尼崎市社協会館にて『第1回尼崎市見守りサミット(仮称)運営委員会』が開催されました。

平成21年度より、尼崎市は厚生労働省による安心生活創造事業の指定を受け、尼崎市社会福祉協議会は尼崎市からの委託のもと「尼崎市高齢者等見守り安心事業」を事業展開しています。
本市における安心生活創造事業の特色は、尼崎市社会福祉協議会の地域組織である社会福祉連絡協議会が主体となり、住民主体による見守り活動を行っています。この4年間に尼崎市74地区中、25地区にまで広がり、今後も実施地区が増えつつあります。
そこで、これまでの活動の検証、これからの活動のあり方について検討すること目的に実施することとなりました。

そして、この事業を実施するにあたり、市民委員や尼崎市社協の各所属の代表者が集まり、運営委員会が設置され、今日は第1回目の運営委員会となりました。

今日の運営委員会では。。。。
委員紹介、委員長の選出、実施目的、企画内容などについて活発な意見が市民委員などからの提案などもあり、本事業の正式名称も。。。
尼崎市見守りサミットと決まりました!
実施は平成26年2月16日(日)、アルカイックホールオクトで開催されます!
詳細は今後の運営委員会、ワーキング会議などで決まっていきますので、適時ご紹介をさせていただきます!

興味のある方なら、平成26年2月16日(日)は尼崎を要チェックですよ!
R-IMGP0403R-IMGP0409