『社協ジャンバー』ができました!


専門員や支部職員が地域に出掛けると、いつも地域の皆さんから「市から来てくれた」とか「支所から来てくれた」と言われ、自分たちは社協職員ではなく市職員と勘違いされます。

そこで自分たちが尼崎市社会福祉協議会の職員であることをわかってもらうために『社協ジャンバー』を作りました。

image

とにかく目立つために真っ赤なジャンバーの背中に尼崎市社会福祉協議会の加入促進キャラクターである『あまりん』を描きかなり派手で目立つものとなったと思います。

今後地域に出ていく際はこの『社協ジャンバー』を着ていきます。

image

このジャンバーを通じて地域で地域福祉活動専門員が尼崎市社会福祉協議会の職員として認識されるので、これまで以上にしっかりと仕事をしていきたいと思います。